正午過ぎ、少し小やみになったので城山に登ってきました。麓の道は雪は解けていましたが、上がるにつれて積雪が多くなっています。

 登り口の能越自動車道の工事は雪よけ風よけで覆われていますが、工事は進んでいるようです。

 城山遠望 城山(展望台)遠望

 能越(北) 能越自動車道橋脚(北側)

 能越(南) 能越自動車道橋脚(南側)

 雪道 雪道(県道)

 途中に植わっている十月桜は結構花をつけていましたが、見ていると寒そうにしています。

 十月桜 十月桜

 十月桜2 十月桜の花

 駐車場に着くまで、県道はその積雪を増してゆく手を阻むようになって、スタッドレスタイヤを装着しているのですが滑ってしまい、急坂のところでは一旦下がって助走をつけて上がる必要がありました。

 本丸北駐車場は、トイレ工事の車両が入っていることもあって除雪されおらず、ほとんど雪に覆われています。この雪の中、工事をされていました。

 駐車場 本丸北駐車場

 トイレ工事 トイレ工事

 駐車場から七尾湾を望むと、大きな虹が出ていましたが、足元の部分だけでしばらくすると消えてしまいました。

 駐車場の高台にある畠山義忠公の歌碑も雪を乗せています。

 虹 七尾湾に架かる虹

 歌碑 歌碑

 長靴を履いておらず本丸跡へ行こうか少し迷いましたが、丈は短いのですがブーツなので意を決してチップ道を入っていきました。切り割り部分のところは吹き溜まりになって30センチほど積もっています。切り割りを抜けると、今度は頭上の杉の木から落ちてくる雨のような水の攻撃です。気温が零下になっていないので積もった雪が水になって落ちてきます。びしょ濡れになりながら本丸跡に上がりました。

 入口 チップ道入り口

 切り割道 チップ道(切り割り方向)

 切り割道2 方言:「ごぼってます」

 調度丸より 雨の調度丸

 本丸跡  本丸跡(水がレンズに当たって写真がぼやけます)

 石段1 遊佐屋敷への石段

 石段2 本丸跡への石段

 本丸石垣 本丸跡石垣

 城山神社 城山神社

 石碑 七尾城址碑

 本丸より 本丸跡からの眺望

 本丸から降りて、水の垂れる杉林の桜の馬場を通って九尺石まで行きました。

 桜の馬場 桜の馬場

 九尺石 九尺石

 二の丸 二の丸の石垣

 チップ道には足跡がありませんでしたが、調度丸から本丸跡まで前日に人が通った跡があり、桜の馬場から九尺石、二の丸に続く階段にも足跡がありました。

 昨日も雪が降っており、昨日か今朝早く旧道から安寧寺、三の丸、二の丸を通って本丸か、とよの水を通って本丸に上がって、七尾城跡を一回りして帰って行かれた人がいるようです。頭が下がりました。