久々の穏やかな冬の一日でしたが、夕方まで麓で忙しく、夕焼け空になって急いで城山に登ってみました。

 自動車道の雪はかなり少なくなっています。

 県道 自動車道(県道)

 夕日の落ちる方向が本丸跡駐車場から見て南東方向のため、駐車場からは山際に隠れて見えません。

 眺望は若干霞がかかったようになっていました。

 

 駐車場より 駐車場からの眺望

 夕焼けが駐車場から見えなかったことから展望台まで上がることにしました。

 その前に、駐車場の高台にある畠山義忠公の歌碑の背後が、この時期落葉で視界が開けていて本丸跡の石垣が見えることから写真を撮りました。

 義忠公歌碑 畠山義忠公歌碑

 歌碑背後 歌碑背後の本丸跡石垣

 歌碑背後2 本丸跡石垣と七尾城址碑

 工事中の駐車場トイレから上の市道は、標高が高いせいか雪が少し多くなっています。展望台入り口では除雪されてはいませんでしたが、何台も登って行った跡がありました。

 市道 展望台までの市道

 展望台道 展望台入り口

 展望台の駐車場に着いて、遊歩道の入り口から展望台まではかなり溶けてはいますが少し残雪が積もっています。

 空には夕焼けに照らされた飛行機雲が長く伸びていました。

 展望台遊歩道 展望台遊歩道

 展望台 展望台

 

 夕焼け1 夕焼けと飛行機雲

 夕陽はほとんど沈んで雲の垣根の向こう側で空を赤く染め、何条もの飛行機雲が見えました。

 夕焼け2 夕焼け空2

 展望台周辺には人間の靴跡ばかりでなく、犬の足跡や小動物の足跡がありました。

 これはと思う足跡はウサギの足跡でした。縦横無尽に足跡がありましたが何羽のウサギが飛び回っていたのでしょうか。

 足跡1 足跡1

 足跡2 足跡2

 展望台から本丸跡を写真に撮りましたが、霞んでいたのとブレたのとでうまく撮れませんでした。次回の展望台からの本丸跡を期待してください。

 

 本丸跡 本丸跡