雪が残っているか、旧道を登ってみました。

 駐車場に車を止めて城史資料館に向かいましたが、資料館は3月10日からの開館でした。100名城のスタンプは玄関入り口に置いてありました。

 城史資料館 七尾城史資料館(閉館中)

 大手道入り口から旧道を赤坂口まで行くと蔵屋敷方向がキャタピラを付けたユンボか何かの車で道が付けられていました。しかし、50~60m進むと行き止まりとなっていました。

 門の高から赤坂口までの両側の雑木林は、杉の間伐をしていましたが、何か計画的な伐採のようでした。伐採によって建物があったような区割りが見え隠れしていました。

 門の高 門の高

 高屋敷 高屋敷

 蔵屋敷方向 赤坂口から蔵屋敷方向

 蔵屋敷跡(行止) 蔵屋敷跡(行き止まり)

 赤坂口から登るのですが、「七つ尾」31後の表紙のように写してみましたが、小型デジカメではうまく写りませんでした。

 赤坂口 赤坂口

 赤坂口から旧道を登って行きましたが、それぞれの曲輪にはもう雪は残っていませんでした。雪が解けたことによって、まだ草が芽吹く前のスッキリした曲輪が見て取れました。

 安寧寺跡には雪だるまもありませんでした。三の丸跡から二の丸跡、温井屋敷跡、九尺石、西の丸、桜の馬場を抜けて裏側から本丸跡まで雪は見えません。それぞれ西、北側の斜面にわずかに残っているのが見え隠れしているだけでした。三の丸跡と二の丸跡の境の切り割りの北西側の斜面に二の丸跡の石垣の崩れたものが見えました。とよの水の真上の場所になるでしょうか。崩れている石垣が綺麗に見えています。

 安寧寺跡 安寧寺跡

 三の丸跡 三の丸跡

 

  三の丸跡二の丸跡境 三の丸と二の丸跡の境

 二の丸跡石垣崩れ 境の左手(北西側)石垣の崩れ

 二の丸跡 二の丸跡-1

 二の丸跡2 二の丸跡-2

 温井屋敷跡から桜の馬場 温井屋敷跡から桜の馬場方向

 九尺石 九尺石

 西の丸跡 西の丸跡

 桜の馬場から遊佐屋敷跡 桜の馬場-1

 桜の馬場から 桜の馬場から遊佐屋敷跡

 本丸跡 本丸跡

 本丸跡に着くとわずかに残った雪がありました。穴のなかと城山神社の周辺でした。

 また、本丸跡の石垣では上段の下(中段上)にはなく、中段の下(下段上)、下段の下に少しずつ雪が残っていました。しかし調度丸跡に下がると雪はありませんでした。

 本丸跡2 本丸跡

 城山神社 城山神社

 本丸跡石垣上段 本丸跡石垣-1

 本丸跡石垣中段 本丸跡石垣-2

 本丸跡石垣下段 本丸跡石垣-3

 桜の馬場石垣 桜の馬場石垣

 調度丸跡 調度丸跡

 1週間ほど前には雪に覆われていた七尾城山は、雪が解けてしまっていました。旧道を上り下りしている間に3人の登山者に会いました。調度丸跡では車で登ってこられた方がいました。雪が解けたので、これからは登山者が増えることでしょう。しかし、午後の登山でしたが、風が冷たく体感温度は1~2度のようでした。雪が解けた旧道には石や朽ちた木に生えた苔の色が鮮やかでした。

 コケ