久方ぶりに本丸跡まで登ってみました。といっても、麓でウロウロしたあと、車で本丸跡駐車場まで行っての登城記録です。

 麓では桜の花も終わっていますが、城山のあちこちには花は残っているようで、今年はこちらでいうところの「花が長持ち」しています。

 七尾城山1 七尾城山

 登り口 城山登り口

 登り口を少し折れて、七尾城史資料館、懐古館「飯田家」に行ってみると、県外車が数台駐車場に停まっていて両館とも開館していました。

 月曜日なので閉館していると思いましたが、他県から来られる方の便宜を考えて、明日からの連休ということもあって開館しているとのことでした。

 資料館 七尾城史資料館

 懐古館 懐古館「飯田家」

 少し歩いて旧道の方へ向かうと、こちらの方でも能越自動車道の工事が進んでいて、旧道の登り口の上にも高架橋が見え隠れしています。

 近くの田んぼにはオスの雉が鳴いて、メスを呼んでいるようでした。

 旧道登り口 旧道登り口

 雉 雉

 田んぼの近くに置いておいた車に乗り込んで県道城山線を登りましたが、登り口のすぐのところの能越自動車道の城山高架橋工事は、殆ど連結されるところまで進んでいます。

 南側の橋脚からの張り出し(橋桁)が道路の真上に来ています。

 能越道高架橋工事 能越自動車道高架橋工事

 高架橋工事 橋桁工事

 登って行くと、沿道の木々の緑がきれいで、まさに新緑の季節になっています。谷あいにコブシの花が咲いていました。

 新緑 沿道の緑

 辛夷 コブシ

 駐車場では桜も花を散らして新芽を出しています。義忠公の歌碑は緑のモミジに囲まれていました。駐車場からの市街地や能登島は、残念ながらクッキリと見えませんでした。

 本丸跡駐車場 本丸跡(北)駐車場

 新緑(モミジ) 義忠公歌碑周辺

 駐車場から 駐車場からの眺望

 本丸跡への道も、切り割りのところは緑のトンネルになっていました。切り割りの右手の谷の杉木立に何か動くものが見えて、しばらく眺めていると、上の方からこちらを眺めている動物がいました。リスでした。ホンドリスでしょうか。しばらくの間、杉の枝でじっとしていて写真を撮らせてくれました。

 切り割 切り割り

 杉木立 杉木立

 リス リス(ホンドリス?)-1

 リス2 リス(ホンドリス?)-2

 調度丸跡では、前回切り倒されていた杉はすでに運び出されていました。ここもシダ類や草が芽を出して緑に囲まれていました。調度丸跡から見る久々の本丸跡石垣は健在でした。

 調度丸1 調度丸跡-1

 調度丸2 調度丸跡-2

 調度丸3 調度丸跡-3

 調度丸から本丸 調度丸跡から本丸跡

 調度丸跡から遊佐屋敷跡に登る石段は修理されて整えられていました。

 石段1 石段

 石段 石段(修復)

 本丸跡も緑に覆われていました。かなり土は出ていましたが。

 本丸跡(階段より) 階段から本丸跡

 本丸跡1 本丸跡

 七尾城址碑 七尾城址碑

 本丸跡からは、まだあちこちに桜が咲いています。展望台の近くにも咲いていました。展望台は木々に葉が出て少し隠れ気味になってきました。

 本丸跡からの眺望は、やはり少し霞がかかったようにきれいには視界が開けてはいませんでした。

 本丸跡から1 本丸跡から展望台方向

 展望台 展望台-1

 展望台2 展望台-2

 本丸跡から2 七尾南湾から北湾

 本丸跡から3 七尾南湾から西湾方向

 本丸跡から4 七尾南湾から小口瀬戸方向

 帰りの道筋にはイカリ草が咲いていました。

 本丸跡2 搦め手口(?)から下山

 イカリ草 イカリ草