雨上がりで、城山に雲が厚くかかっていたので夕方4時近くに展望台に上がりました。

 登り口から工事中の高架橋を過ぎて、カフェレストラン前の能越自動車道の法面ガードレールのところで車を止めて七尾湾を眺めました。ここは前面がほぼ180度の視界となりました。国分事務局長が7月5日付け「城山だより-11」に写真を載せています。ここは標高で100mほどのところです。ここまでは雨上がりで視界がクッキリしていましたが、少し登って行くと霧が出てきました。

 城山遠望 城山遠望

 登り口 登り口

 高架橋工事 高架橋工事

 Jロード前 カフェレストラン前

 駐車場からの眺めは、麓の方から風に乗って雲が湧き立ってきていました。本丸跡登り口からの本丸跡も霧に包まれていました。

 本丸跡駐車場-1 本丸跡駐車場から-1

 本丸跡駐車場-2 本丸跡駐車場から-2

 本丸跡登り口 本丸跡登り口

 本丸跡の写真を撮るため、雲が覆っている展望台まで行ってみました。展望台は霧に包まれ、視界は周囲の木々が見える程度でしたが、風が強く霧の流れていくのが見えました。

 展望台 展望台

 赤松 赤松(展望台北側)

 本丸跡の方向を眺めていると、雲が風に乗ってあるときは濃くあるときは途切れて、本丸跡を消したり、現したりしていました。1時間ほど眺めていると、雲が流れ去って行きました。

 その間の本丸跡の表情を、10枚程度にまとめました。雲海とはならず、雲間に見え隠れする本丸跡でした。

 本丸跡-1 本丸跡-1

 本丸跡-2 本丸跡-2

 本丸跡-3 本丸跡-3

 本丸跡-4 本丸跡-4

 本丸跡-5 本丸跡-5

 本丸跡-6 本丸跡-6

 本丸跡-7 本丸跡-7

 本丸跡-8 本丸跡-8

 本丸跡-9 本丸跡-9

 展望台から降りる前の市街地から七尾湾は、霞んではいましたが徐々に霧が晴れていくようでした。

 市街地 市街地から七尾湾