ガイド部の国分事務局長から、今年5月に麓から古府林道を使って馬洗い池まで登った登頂記をいただきました。事務局長から個人的にいただいたものですが、読み物として面白く、死蔵するのは勿体ないので了解を得て、「投稿」として登載させていただきます。国分事務局長は、能登半島国定公園巡視員をされているので一人での行動も多く、山を熟知されています。しかしながら、一般の方は文中にもありますが、温暖化のせいかイノシシやツキノワグマの出没が頻繁で、それらの動物との遭遇が懸念されますので、このような場所にはなるべく一人で近寄ることのないようにしていただきたいと思います。

 img014 p1

 img015 p2

 img016 p3