昨日の第73回七尾城まつりが終わり、今朝も昨日のようにお天気が良かったので七尾城を散策しました。

 昨日、一昨日と、七尾城まつりのため能越自動車道の工事を中断していただいたのですが、今朝は月曜日。工事車両がせわしく動いていました。

 登り口 城山登り口

 城山中腹にあるカフェレストラン前の見晴らしの下でも工事車両がマウンドを造成しています。開けた遠望がきれいです。この場所に駐車場がないのが残念です。

 Jロード前1 カフェレストラン前

 能登島大橋 能登島大橋方向

 火力発電所 火力発電所

 能越道工事 能越自動車道工事

 本丸北(本丸跡)駐車場には、県外からの自家用車が2台ほど登ってきていました。昨日の賑わいとは一変していました。

 駐車場からの景色もきれいです。

 駐車場より 本丸跡駐車場より

 本丸跡入口の切り割から調度丸跡も、昨日の賑わいが嘘のように閑散としています。もっとも、閑散としているのが普通なのですが。

 切り割 切り割

 調度丸跡 調度丸跡

 調度丸跡2 調度丸跡(石段より)

 石段 桜の馬場石段

 本丸跡には遊佐屋敷跡を左に見て、階段を登らず裏手から登りました。本丸跡もきれいに片づけられて、祭りがあったと感じられないほどです。が、昨日七尾城まつり実行委員会が風船を200個飛ばしたとき、ほとんどは南の風で羽咋方面に飛んでいきましたが、少し、木にかかりました。その風船が今日もひっかかったままで、祭りがあったことの証明になっています。

 飛んで行った風船は、3時間後に上越市から飛んできたとの連絡が公民館にあったそうです。上杉謙信の春日山城の地元に落ちたのですから何かの縁なのでしょうか?

 本丸跡1 本丸跡

 本丸跡2 本丸跡(城山神社側より)

 風船 風船

 本丸跡からの眺めも素晴らしいものです。杉の木が少し邪魔をしていますが。

 本丸跡より1 本丸跡より

 本丸跡より2 本丸跡より(能登島大橋)

 本丸跡より3 本丸跡より(展望台)

 本丸跡を階段から降りて、桜の馬場跡、温井屋敷跡、二の丸跡と進みました。

 本丸跡石垣 本丸跡石垣

 本丸跡階段 本丸跡階段

 桜の馬場跡 桜の馬場跡

 九尺石 九尺石

 温井屋敷跡 温井屋敷跡

 二の丸跡もきれいに片づけられていました。二の丸跡を象徴する木は、個人的ですが曲輪のほぼ真ん中の位置にある楓だと思っています。少し色づいてきました。

 二の丸跡 二の丸跡

 二の丸跡(楓) 楓

 二の丸跡から三の丸跡、安寧寺跡と進みました。三の丸跡の木はクルミの木が気になります。クルミの実はほとんどなくなっています。黒ずんだ殻が落ちているだけでした。

 貫土橋 二の丸・三の丸跡の切り割

 三の丸跡 三の丸跡

 三の丸跡階段 三の丸跡階段(上部三の丸跡)

 安寧寺跡 安寧寺跡

 安寧寺跡の畠山慰霊碑には、昨日のまつりの最初に行われた七尾城址保存会による安寧寺祭でのま新しい生花が生けられていました。

 安寧寺跡2 慰霊碑

 安寧寺跡から沓掛場、樋(とよ)の水を通って調度丸跡に戻りました。沓掛場近くに、昨日の幟(のぼり)が少し下の場所と2本残っています。昨日終了後に分かっていましたので片づけておきました。却って残しておいた方が良かったかもしれません。

 幟 幟

 沓掛場 沓掛場

 とよの水 樋(とよ)の水

 樋の水の上にある石垣がきれいに顔を出しています。二の丸跡の西側の石垣の一番下に位置する石垣です。往時はここから二の丸跡まで石垣が続いて壮観だったろうと思います。樋の水にはヒダサンショウウオがいました。本当は石の陰に隠れていたのを出して写しました。七尾湾の方を見ると、上にトビが輪を描きながら近づいてきました。大きなトビでした。

 とよの水石垣 樋の水石垣

 ヒダサンショウウオ ヒダサンショウウオ

 トビ トビ

 樋の水から調度丸跡に戻りましたが、途中寺屋敷跡も草が刈られていたので寄ってみました。

 旧道石段1 旧道(大手道)石段

 寺屋敷跡 寺屋敷跡

 旧道石段2 旧道(大手道)石段

 旧道石段3 旧道(大手道)石段

 調度丸入口 調度丸入口

 七尾城跡を巡っていて気が付いたのですが、1~2週間前まではこれほどまでに草が刈られていなかったように思います。ここ2週間ほどのうちに曲輪や散策路の周りの草が刈られたようです。七尾城まつりに合わせて教育委員会文化課の方で草を刈っていただいたのでしょうか。まつりの後のゴミも殆どなく、気持ちの良いウォークになりました。昨日のウォークラリーも、天気が良かったのと合わせて道が整備されてさぞかし気持ちよかったことと思います。

 これからの季節は草もそれほど伸びることはないので、秋晴れの中、七尾城跡を巡るウォークは良いと思います。旧道を上がってくるのも良いかもしれません。是非七尾城においで下さい。