3月21日の土曜日、本丸跡(北)駐車場では手すり(コンクリート柵)の改修工事が行われていました。

 いままでの手すりはかなり傷んでいるようです。この時期の改修工事は能越自動車道効果というのでしょうか、七尾城跡に来られる方が多くなったことから進められているのかもしれません。

 根雪は消えて、暖かいとはいえ草萌える春とまではいっていない七尾城跡ですが、来城される方は多くなっているようです。

 城山遠望 城山遠望

 駐車場 本丸跡駐車場

 駐車場2 本丸跡駐車場(改修工事)

 切り割から調度丸跡に入り、桜の馬場石垣を上がる途中で温井屋敷跡の北側の斜面に連続する石垣群が残っていますが、草の生える前のこの時期が一番よく見えます。

 そのように考えると、桜の馬場跡や二の丸跡のともに裏側(東側)の崩落した石垣の石も良く見えます(足元に十分注意してください)。

 切り割 切り割

 調度丸跡 調度丸跡

 桜の馬場石垣 桜の馬場跡石垣

 温井屋敷跡石垣 桜の馬場跡石垣から温井屋敷跡石垣(西側)

 温井屋敷跡石垣(西側) 温井屋敷跡石垣(西側)

 遊佐屋敷跡の石積みには能登島などで見かける穴が開いた海の石が使われていますが、どこから持ってきたのでしょうか。勝手な想像ですが、海の近くにあったという「府中守護館」周囲に建てたであろう遊佐屋敷の石積みの石で、記念のためか再利用したのではと思ったりしています。

 遊佐屋敷跡石積み 遊佐屋敷跡石積み

 本丸跡石垣1 本丸跡石垣

 本丸跡階段 本丸跡階段

 本丸跡には数人ずつ登ってくる方たちがいて、駐車場で見たところ、名古屋や埼玉方面から来た県外ナンバーの車が数台いました。写真に写っているベンチに腰を下ろした女性の方たちは旧道を登って来られたようです。

 日当たりが良いせいでしょうか、本丸跡も少しずつ緑がかってきています。

 本丸跡 本丸跡

 城山神社 城山神社

 七尾城址碑 七尾城址碑

 本丸跡から、先に書きました桜の馬場跡の東側斜面の石垣の崩落を見ながら西の丸跡に登り、九尺石の上に降りて二の丸跡の東側斜面の崩落した石垣を見て、二の丸跡に向かいました。崩落した石垣は、石垣だったのだろうというくらいに崩落しています。かつてはどのように積まれていたのでしょうか。西側と同じような石積みだったのでしょうか。

 東側が崩落しているのは、前田利家(安勝)による城破り(しろわり)のためでしょうか。そうすると東側が表ということになりますが、大手道(旧道)は西側から本丸跡に行くコースとなっています。

 桜の馬場裏石垣 桜の馬場東側崩落石垣跡

 九尺石 九尺石

 二の丸跡裏石垣 二の丸跡東側崩落石垣跡

 二の丸跡までくると、カメラのバッテリー切れとなってしまい麓に下りてきました。

 二の丸跡 二の丸跡

 当日の収穫は、早春に花をつける一輪草がたくさん咲いていて写真が撮れたことでした。近くにはフキノトウが少し大きくなってきていました。

 一輪草 一輪草

 フキノトウ フキノトウ