本丸跡周辺を歩いたあと城山展望台に上がりました。

 展望台の上の駐車場の手前に小さな池があります。たまり水が池のようになっているのですが、毎年クロサンショウウオが卵を産んでいます。今年もたくさんの卵塊がありました。卵塊は、アヒルの卵大(鶏の卵より大きい)の卵が繋がっています。

 クロサンショウウオ卵塊1 クロサンショウウオ卵塊1

 クロサンショウウオ卵塊2 クロサンショウウオ卵塊2

 展望台には代わる代わる観光客の方が上がって来られました。

 展望台 展望台

 展望台からは、少しガスがかっていましたが白い後立山連峰が見えました。

 後立山1 後立山連峰1

 後立山2 後立山連峰2

 七尾湾も少しガスがかっていて、和倉温泉もくっきりとは見えませんでした。

 能登の島山 七尾湾

 和倉温泉 和倉温泉

 石動山の北側には少し雪が残っているようでした。

 石動山

 七尾城山周辺もガスかかっています。

 城山 七尾城山(本丸跡~三の丸跡)

 本丸跡周辺 本丸跡周辺

 本丸跡 本丸跡

 展望台の下には松の幼木が植えられていました。この松が成長すると視界を遮ることになってしまいます。どうするのでしょうか?

 松の木 松の木

 少し天気が続きすぎたのか、ガスがかかっていましたが、一雨来るとスッキリと視界が開けるでしょう。それと同じように、展望台の1階部分の柱に掲げられた説明書も、今一つはっきりしません。

 原典(出典)に忠実なのでしょうが、観光に来られた方にもわかる「織田信丁」は「織田信長」、5代「義致」は「慶致」と書けばどうかなと思っています。一度書いたかと思いますが、七尾の名前の由来と二階部分の柱に書かれた尾根の名前との関係が良くわかりません。管領畠山家は尾張の守護も兼ねていたのではないでしょうか?皆さんはどう思われるでしょうか?

 説明1 説明1

 説明2 説明2

 説明3 説明3

 説明4 説明4

 説明5 説明5

 説明6 説明6

 説明7 説明7