19日の土曜日、七尾城まつり前夜祭として、会では七尾市矢田郷公民館と共催で、懐古館「飯田家」を会場に「邦楽の夕べ」を開催しました。今回の演奏は、琴城流大正琴琴静支部の皆さんと薩摩琵琶の寺本靑嶺師の演奏をお願いしました。

 邦楽の夕べ1 会長挨拶

 邦楽の夕べ2 琴城流大正琴琴静支部の演奏

 邦楽の夕べ3 同上

 邦楽の夕べ4 寺本靑嶺師による琵琶歌「七尾城」

 琵琶歌1 同上

 ロウソクの灯2 懐古館「飯田家」

 会が「邦楽の夕べ」始めて6年目となります。今回は、寺本靑嶺師にお願いしてビデオ撮影の許可をいただき琵琶歌「七尾城」を後世に残すことを主眼としました。師も快く承諾され、師がご自宅で吹き込んだカセットテープをご持参していただきました。機会があればビデオやカセットテープ(CDにダビングしたいと思います)を流せればと考えています。

 矢田郷公民館では、ろうそくの明かりで懐古館周辺を照らす「光の回廊」を作っていただきました。蹴落川(木落川)のふちに沿って光るロウソクの火は古のひと時を感じさせるもので、「邦楽の夕べ」を一層引き立てるものでした。

 ロウソクの灯1