12日に城山に登った投稿をしましたが、日付が13日にまたがってしまいました。そのため、展望台にも足を運んだ投稿を取りやめようと思いましたが、結果としてアップさせていただきます。

 本丸跡に午後1時近くに登り、雪を集めたりして駐車場に戻ったのは3時近かったのですが、雪が多そうでしたので展望台まで登ってみることにしました。

 本丸跡(北)駐車場のトイレから登ると市道になります。少し登ると道路には雪が積もっていました。数台の車が通ったわだちが残っていました。

 展望台に行く遊歩道は、わずかですが積雪が多く感じられました。

 市道(展望台へ) 市道(城山・黒崎線)

 展望台標識 案内看板

 展望台遊歩道アーチ アーチ

 遊歩道 遊歩道

 展望台入り口の広場(小公園)はイノシシの掘った芝生に雪が積もり、ガタガタになった土をきれいに隠していました。

 展望台に着くと、雪も止んで青空になっていました。展望台の階上に登ると床は雪でした。

 展望台入り口 展望台入り口

 展望台 展望台-1

 展望台ー2 展望台-2

 展望台ー3 展望台(階上)

 本丸跡に登った時には見えなかった石動山が、くっきりではありませんでしたが顔を出していました。

 石動山 石動山

 本丸跡から、二の丸跡、三の丸跡の曲輪がきれいに見えます。手前の雪の乗った灌木が日に照らされてきれいです。本丸跡はよく見ると、雪を採ったところがなんとなく見えました。

 城山(展望台より) 本丸跡~三の丸跡の曲輪

 本丸跡(展望台より)-2 本丸跡ー1

 本丸跡(展望台より)-1 本丸跡ー2

 市街地も、雲の合間を縫ってあちこちに照らされています。火力発電所も雲の動きによっては照らされたり曇ったりしています。

 展望台より(市街地) 市街地から七尾湾

 展望台より(火力発電所) 七尾南湾から火力発電所

 能登半島の先端方向の富山湾側を内浦と呼びますが、大口瀬戸、富山湾を隔てて内浦に面した能登町の屋内テニスコートの屋根が薄く白く見えています。立山連峰の方角は雪雲に覆われていました。

 展望台より(能登町方向) 能登半島(能登町方向)

 1階に降りると、なんとなく市街地も本丸跡も近くなって見えます。それほど高さが違っているようには見えないのですが。

 市街地(1階) 展望台1階(市街地方向)

 本丸跡(1階) 展望台1階(本丸跡)

 展望台を出て桜の枝を見ると、雪はありますが芽が出ているように見えます。

 桜 桜の枝

 展望台を後にして、集めてケースに入れた雪を麓の冷凍庫まで運びこみました。後、少なくとも4ケースの雪を集めなくてはなりません。去年は2月1日から始めて3月まで集めていますので、今年は雪は少ないかもしれませんが、十分集められそうです。