5月8日(日)というと、ちょうど一週間前になります。旧道(大手道)を上りました。

 今日(5/15)もお天気が良かったのですが、8日もお天気が良く登山日和でした。

 午前10時前から登り始めましたが、懐古館「飯田家」の裏を通って大手道に入りました。

 ふもとから 本府中町から

 地蔵堂 地蔵堂

 冠木門 七尾城史資料館「冠木門」

 懐古館 懐古館の庭

 懐古館蔵 懐古館の蔵

 懐古館裏手 懐古館裏手

 大手道へ 大手道へ

 大手道1 大手道

 大手道に入り、「門の高」を通ると目の前は能越自動車道です。この「門の高」というところは、その昔大手門があった場所といわれています。すると、懐古館の庭先に置かれている西光寺の門扉が置かれていたのでしょうか? さしずめ現在では能越道が大手門の代わりのような役割をして、橋梁をくぐって大手道を進む形になっています。

 門の高 門の高

 能越道 能越道

 薬医門 薬医門

 能越道2 能越道から立石の地蔵さん方向

 能越道をくぐると四つ角に置かれている立石の地蔵さんをみて、まっすぐ進みます。明るい道から木立の道に入ると、「小屋場」という場所を通ります。畠山時代の屋敷跡(曲輪)の場所で、平坦な敷地が続いています。そこに調査用のトレンチのように穴が掘られていました。後日文化課に聞いたのですが、調査のためでなく、土地の所有されている方が掘られたようです。イノシシのわなを仕掛けるためではないかということでした。

 立石の地蔵さん 立石の地蔵さんー1

 立石の地蔵さん2 立石の地蔵さんー2

 小屋場 小屋場

 小屋場(トレンチ) トレンチ

 「小屋場」を過ぎると、「高屋敷跡」にぶつかります。高屋敷は畠山時代の守護館ではないかと考えられています。今は竹藪となっています。

 高屋敷を右に曲がってアスファルトの大手道に出ます。しばらく歩くと「歴史の道」に入り、七尾城を世に知らしめて国史跡指定とされた一人、小田吉之丈氏の碑が尾根道の入り口に建っています。

 高屋敷へ 高屋敷へ

 高屋敷 高屋敷

 アスファルト道 アスファルト道(大手道)

 赤坂口 尾根道へ(赤坂口)

 赤坂口2 歴史の道

 いよいよ山道に入ります。長坂から七曲りそして安寧寺跡までの行程です。途中には時鍾跡、番所跡と呼ばれる場所が残されています。その前に、登り始めると倒木が行く手にありました。その倒木は2本ありましたが、ともに背丈より少し高い位置なので、登るのには妨げとはなっていません。

 倒木 倒木

 長坂 長坂-1

 長坂2 長坂ー2

 長坂3 長坂ー3

 長坂4 長坂ー4

 長坂の途中にはタケノコが頭を出していました。竹になると道を狭めてしまうので少し折りながら登りました。

 時折視界が開けると、藤の花が満開でした。

 長坂5 長坂ー6(タケノコ)

 長坂(藤の花)6.5 長坂(藤の花)

 長坂7 長坂ー7

 長坂8(火電) 長坂(火電)

 時鍾跡はどの程度の大きさだったのでしょうか。登ってみると東屋程度の広さほどしかなく、広い曲輪ではないようでした。

 時鍾跡1 時鍾跡ー1 

 時鍾跡2 時鍾跡ー2

 時鍾跡を過ぎると七曲りになります。七曲りを上っていくと、番所跡があり、左手の土盛りを上ると、下に曲輪があり、右手は深い崖になっています。番所跡を過ぎると三叉路で、調度丸跡に進む大手道と、安寧寺跡と呼ばれる曲輪に向かう道に分かれます。

 七曲 七曲-1

 七曲り1 七曲り-2

 七曲(番所跡) 七曲り-3

 七曲り5 七曲り-4

 三叉路 三叉路

 三叉路を右手に安寧寺跡に向かいました。安寧寺への道の右手には七尾市街地から七尾湾が見えます。手前には能越自動車が伸びています。

 安寧寺道から 安寧寺道から

 安寧寺跡から三の丸跡、二の丸跡に向かいました。安寧寺跡から袴腰を抜け、三の丸跡に登るとクルミの木に花が咲いていました。

 安寧寺1 安寧寺跡

 袴腰 袴腰

 三の丸へ 三の丸跡へ-1

 三の丸へ2 三の丸跡へ-2

 三の丸跡 三の丸跡

 三の丸跡2 三の丸跡(クルミ)

 三の丸跡3 三の丸跡(クルミの花)

 三の丸跡から二の丸跡に向かうと、二の丸跡は草が綺麗に刈られていました。ここはもともと草が少ないところですが。途中の堀割から少し下りて二の丸跡の西側の石垣を眺めました。堀割から二の丸跡に登る足元にはエンレイソウが花を咲かせていました。

 二の丸跡石垣1 二の丸跡石垣-1

 二の丸跡石垣2 二の丸跡石垣-2

 二の丸跡へ 二の丸跡へ-1

 二の丸跡へ2 二の丸跡へ-2

 二の丸跡 二の丸跡

 二の丸跡から温井屋敷跡への階段を下り、九尺石から西の丸跡に登りました。二の丸跡、温井屋敷跡と違い、西の丸跡には登る場所がないためか、草刈りが行われておらず、草はぼうぼうになっています。

 二の丸跡2 二の丸跡

 温井屋敷跡へ 二の丸跡から九尺石

 二の丸跡石垣5 二の丸跡石垣

 温井屋敷跡 温井屋敷跡

 九尺石 九尺石

 西の丸跡 西の丸跡

 九尺石から西の丸跡に登って、西の丸跡を横切って桜の馬場に下り、そのまま本丸跡に上がりました。本丸跡への道は、遊佐屋敷の裏を通って桝形に入り本丸跡に入りました。本丸跡からは石動山が覗いています。本丸跡からの眺めは、切割のところに生えた杉の木が景観を二分していますが、藤の花が綺麗に咲いていました。展望台もよく見えます。

 西の丸跡から 西の丸跡から(桜の馬場)

 桝形から1

 桝形から2 本丸跡へ

 本丸跡1 本丸跡

 石動山 石動山

 展望台 展望台

 本丸跡2 城山神社から

 久しぶりに旧道(大手道)を登りましたが、アップするのが一週間も遅れてしまい、写真の圧縮にも手間取って16日になってしまいました。とりあえず、記録としてご覧ください。写真はまだまだあるのですが、今回は七尾城址碑で終わらせていただきます。

 七尾城址碑2