25日の夕方、城山の中腹に雲がなびいていましたので、展望台まで上がってみました。

 県道城山線から市道黒崎線の沿道は草が生い茂り、いたるところにハナウドが咲いています。ガイド部の国分秀二事務局長の「城山だより(6)」にも安寧寺のハナウドが出ています。

 ハナウド ハナウド(下から)

 ハナウド2 ハナウド(上から)

 展望台ではヤマボウシが散策路わきに咲いていました。

 ヤマボウシ ヤマボウシ

 展望台に登ってみましたが、本丸跡の周りには雲がなく、展望台から見て本丸跡の後背地に雲が沸いていました。

 展望台 展望台

 展望台より(本丸跡)1 本丸跡

風もあり、雲が本丸跡のほうに寄って来るかと思い、一時間ほど眺めていましたが、雨が降りだし、雲も本丸跡に近づくにつれて薄くなってきました。市街地のほうは手前に雲、遠くにはガスがかかって見晴らしはよくありませんでした。石動山もガスがかかっていました。

 展望台より(市街地)1 展望台より(市街地)

 展望台より(市街地)2 展望台より(市街地)

 展望台より(石動山) 展望台より(石動山)

 展望台より(本丸跡)2 本丸跡(1時間後)

 市街地のほうをしばらく見ていると、展望台の下、どちらも用を足さない案内板と望遠鏡の手前に動くものがありシャッターを切りました。あまり動物には詳しくないのですが、顔のところが黒く、尾っぽの長いタヌキのような動物でした。ハクビシンでないことだけは顔を見てわかりました。城山は動物の宝庫で、時折ウサギやリスに出会います。最近はイノシシが出没するのですが、出会いがしらが多く、といっても2回ほどしか見かけてはいませんが、写真に収めたことがありません。

 動物-1

 ちなみに、展望台の1階からも本丸跡が見えます。ただ、展望台からの眺めのようなところは展望台下の斜面を下りても無さそうす。法面を下ると、本丸跡の手前の杉林に遮られて写せないと思われるからです。

 展望台1階から 展望台1階から