9月17日の土曜日、第75回七尾城まつり前夜祭で「邦楽の夕べ」を懐古館「飯田家」で開催しました。この催しは七尾市矢田郷公民館、七尾城址文化事業団との共催で毎年行っています。

 今回のプログラムは、琴城流能登琴静支部大正琴(滝田静枝師)と篠笛奏者の八木繁師とそのお弟子さんたちによる演奏会でした。

 また、矢田郷公民館生活環境部の皆さんによる「光の回廊」として、懐古館周辺をろうそく(キャンドル)の明かりで「邦楽の夕べ」の趣を出していただきました。

 %e6%87%90%e5%8f%a4%e9%a4%a8%ef%bc%91 懐古館「飯田家」

 %e6%87%90%e5%8f%a4%e9%a4%a8 午後6時半開演

 %e6%87%90%e5%8f%a4%e9%a4%a8%ef%bc%92 琴城流琴静支部の大正琴

 %e6%87%90%e5%8f%a4%e9%a4%a8%ef%bc%93 琴城流琴静支部の大正琴

 %e6%87%90%e5%8f%a4%e9%a4%a8%ef%bc%94 篠笛 八木肇師(懐古館中庭)

 %e6%87%90%e5%8f%a4%e9%a4%a8%ef%bc%95 篠笛 合奏-1

 %e6%87%90%e5%8f%a4%e9%a4%a8%ef%bc%96 篠笛 合奏ー2

 %e6%87%90%e5%8f%a4%e9%a4%a8%ef%bc%97 篠笛 八木肇師

 雨が心配されましたが、演奏時間中はそれほど大きな降りにはならず終了しました。七尾城跡の麓の200年を経た古民家、懐古館「飯出家」での演奏会はこれからも続けていきたいと考えています。翌日の本まつりの日曜日に開かれる茶会での皇風煎茶笠間社中の花寄せが「邦楽の夕べ」に花を添えていただきました。