14日、午後6時から開演した、本会主催の七尾城まつり前夜祭「邦楽の夕べ」は、盛況のなか滞りなく終了しました。

懐古館「飯田家」にお越しいただきました皆様、ありがとうございました。

前夜祭の写真をアップします。

蒸し暑さの中、懐古館周辺には矢田郷公民館生活環境部のスタッフによる770本のロウソクを使った「光の回廊」を設えていただき、今宵の演奏会を盛り上げていただきました。

 光の回廊1

 光の回廊2

演奏会に先立ち、会長の武井忠仁より主催者挨拶をいたしました。

あいさつの中にもありましたが、本年は七尾城まつり実行委員会、七尾市矢田郷公民館に加え、七尾の里山里海文芸紀行実行委員会、七尾城址文化事業団との共催ということで演奏会を進めるました。

 挨拶 武井会長挨拶

 観客1 観客の方々

 琴城流能登琴静支部の大正琴の演奏では、滝田静江先生からサプライズ企画として、演奏の間に古川久次氏による上杉謙信「九月十三夜陣中の作」の吟詠が盛り込まれ、七尾城のまつりにふさわしい雰囲気を醸し出していただきました。

 大正琴2 琴城流能登琴静支部による大正琴演奏

 大正琴1 古川久次氏による吟詠

 大正琴3 琴城流能登琴静支部による大正琴演奏

続いて、八木繁氏とお弟子さんたちによる篠笛でしたが、登場は懐古館の前庭での演奏に始まり、居間(舞台)に上がってくるという趣向を凝らした演奏会でした。また、八木師はサービス精神が高く、軽妙なトークに観客の皆さんは魅了されていたようでした。加えて、師のギターとお弟子さんの篠笛のコラボもあり、盛りだくさんの演奏でした。

 篠笛1 中庭からの登場

 篠笛2 師とお弟子さんとの演奏

 篠笛3 ギターと篠笛のコラボ

 篠笛4 八木氏の独奏

最後は、七尾市池崎出身の竹澤悦子さんによる箏の演奏で、一般の演奏とは一味違った演奏に観客の方はどう感じられたでしょうか。トークも七尾弁を使ったりしたこともあり、アットホームな雰囲気での盛り上がりでした。終曲の「花は咲く」では歌を盛り込まれ、観客の皆さんとサビの部分の合唱で終わりましたが、今までにない盛り上がりでアンコールを頂戴し、竹澤さんに一曲演奏をしていただきました。

 箏1 箏の演奏

 箏2 トーク

 箏3 笑顔

 箏4 手で弦をたたく

 箏5 見事な指さばき

 観客2

ご来場の皆様ありがとうございました。4回目の今回が最も来場された方が多かったように感じます。

来年も懐古館「飯田家」を使った企画を考えて見たいと思いますので、ご期待とご来場をお待ちしています。

今回の演奏会のご感想もぜひお聞かせください。お待ちしています。