18日の午後3時過ぎ、旧道を登ることにしました。雪はほとんどないであろうということで、城史資料館の駐車場から長靴に履き替え、歩き始めました。

 城史資料館から懐古館の裏を抜けて旧道に入りました。旧道の隣の庭には一本の黄梅が花をつけていました。

 城史資料館 七尾城史資料館

 懐古館 懐古館「飯田家」

 懐古館裏手 懐古館裏手の道

 大手道入口 大手道入口

 大手道を歩き、「門の高」を過ぎて能越道の下をくぐり、「立石の地蔵さん」を過ぎて小屋場まで来ると、道の脇にイノシシの掘った「ヌタ場」がありました。

 門の高 門の高

 能越道 能越自動車道

 立石の地蔵 立石のお地蔵さん-1

 立石の地蔵2 立石のお地蔵さん-2

 小屋場前 小屋場前(イノシシのヌタ場)

 小屋場を過ぎて高屋敷で右に曲がり、アスファルト道に出て左に登って山道に入ります。登り口には多くの石碑があります、

 高屋敷前 高屋敷へ

 高屋敷 高屋敷前

 登り道 アスファルト道

 登り口 山道登り口

 登り口2 登り口

 登り口から長坂、七曲り安寧寺へと歩きましたが、ここにも雪はありませんでした。道の谷側の下に見える程度でした。その間には2人の方が下りて来られました。本丸跡まで訪ねられたのでしょうか。長坂を登って道が開けたところには、イヌシデと名札を付けた大きな木が目立っています。あまり気にかけていなかったのですが、変わった名前で、見るとかなり大きい木と知りました。そこを過ぎると左手に県道城山線が見えてきます。コンクリート法面の場所です。またそこを過ぎると展望のきく場所に出ます。雪雲が近づいていましたので見通しが悪く、遠望はできませんでした。

 長坂1 長坂(案内看板までで100段あります。)

 

 長坂3 長坂(案内看板)

 長坂4 

 長坂4(イヌシデ) イヌシデの木 

 長坂5(県道) 県道城山線

 長坂6(火力発電所) 火力発電所

 長坂6(七尾湾) 市街地から七尾湾

 長坂7(時鍾跡) 時鍾跡

 七曲り1 七曲り

 番所跡 番所跡

 三叉路1 三叉路

 三叉路2 安寧寺道へ

 安寧寺道から1 安寧寺道から

 安寧寺跡 安寧寺跡

 安寧寺から三の丸跡、二の丸跡、温井屋敷跡を通り、九尺石から西の丸に登りました、遊佐屋敷側から下りて、本丸跡には外桝形に上がって入りました。三の丸跡に上がる寸前、小鳥の群れが地面から一斉に飛び立ち木に乗り移りました。何という鳥でしょうか?三の丸から二の丸跡に向かう途中の掘割から、二の丸跡西側の石垣が見えていました。二の丸跡には椿が花を咲かせていましたが、あまりきれいではありませんでしたので写真には取りませんでした。曲輪の周りの一本の木にキノコが密生していました。変わったキノコのようですが、高いところにありよくわかりませんでした。

 三の丸跡へ1 安寧寺から三の丸跡へ

 三の丸跡へ2 三の丸跡階段

 三の丸跡 小鳥の群れ

 三の丸跡2 三の丸跡

 二の丸跡へ 二の丸跡へ

 掘割 三の丸と二の丸跡の掘割

 二の丸跡石垣 二の丸跡法面の石垣

 二の丸跡1 二の丸跡

 二の丸跡2 変わったキノコ(二の丸跡)

 二の丸跡石垣前面 二の丸跡石垣(北側)

 温井屋敷跡 温井屋敷跡

 九尺石 九尺石

 西の丸跡 西の丸跡

 遊佐屋敷跡 西の丸跡から(遊佐屋敷跡)

 外桝形から 本丸跡入り口(土塁跡)

 本丸跡1 本丸跡へ

 本丸跡には一部雪が残っていましたが、積雪としてはほとんどありませんでした。着いてしばらくすると雪が降り始めました。風は登るときから強く吹いていました。

 1月に雪を撮ったのが22日でしたので、ほぼ一か月ぶりの本丸跡でした。

 城山神社 城山神社

 七尾城址碑 七尾城址碑

 展望台 本丸跡からの展望台

 本丸跡から 本丸跡から

 本丸跡2 本丸跡-2

 城山神社から 城山神社から

 雪が降って気温も低くなってきました。ゆっくりもせず、そそくさと本丸跡を後にしました。登って見て雪はありませんでしたが、それぞれの曲輪には草もなく、刈ったとは思われませんが、綺麗なたたずまいをしていました。ただ、西の丸だけはイノシシに任せたようで、草ありヌタ場ありでした。

 本丸跡石垣1 本丸跡石垣ー1

 本丸跡石垣2 本丸跡石垣ー2

 本丸跡階段 本丸跡階段

 以上で終わります。桜の馬場石垣、寺屋敷跡、とよの水など、旧道(大手道)を下りて行き、写真も撮りましたがアップせずに次回としたいと思います。とりあえず、旧道には雪は積もっておらず、登りやすいものでした。