雪がちらちら降るお昼過ぎ、冷たい風が吹く中、展望台まで上がりました。県道の中腹の冬桜には花が咲いています。よくみると、メジロが二羽、花の蜜を吸いながら枝から枝へチョコチョコと飛び回っています。カメラを向けてもなかなか焦点を合わせられません。メジロが見られるのは春の証拠なのでしょうか?

 県道1 県道1

 県道2(冬桜) 県道2(冬桜)

 県道3(冬桜) メジロ-1

 県道4(メジロ) メジロー2

 県道5(メジロ) メジロー3

 コンクリート法面からの二の丸跡は少し雪が積もっているようでした。道の脇のクマザサの葉の上に雪が積もってきれいです。駐車場は、まだ雪に覆われていました。今日は1,2cmほど積もっているようです。駐車場からの七尾湾の方角の眺めは、曇っていて視界はあまり良くありませんでした。入り口の木柱の文字は雪で消されていました。

 県道6(二の丸) 二の丸跡

 県道7 県道(クマザサ)

 駐車場 駐車場(県道から)

 駐車場2 本丸北駐車場

 入口 本丸跡入り口

 展望台に向かう本丸北駐車場のトイレからの市道には、道路脇にしか雪がありませんでしたが、県道に比べて残雪が多いように感じました。展望台への入り口、アーチのところはまだ雪が残っており、昨日からの雪で、やはり2cmほど積もっていました。そこには足跡がなく、人が上がっていった形跡がありませんでした。徒歩で登っていくと、途中から遊歩道の雪はなくなり道路脇に積もっていました。上の駐車場から展望台への道も、まだまだ雪が残っていました。展望台近くになると、それも少なくはなってきていました。

 展望台登り口 展望台入口

 展望台へ1 遊歩道-1

 展望台へ2 遊歩道脇

 展望台へ3 遊歩道-3

 展望台へ4 遊歩道-4

 展望台へ5 遊歩道-5

 それまでやんでいた雪が、展望台に近づくとちらちら降りだし、冷たい風も吹き始めました。展望台に上がり、眼前の石動山や、眼下の本丸跡や市街地方向などを写していましたが、冷たい風で外気温は2℃でしたが、体感温度が0度以下になったような寒さを感じ、早々に下りることにしました。

 石動山 石動山

 本丸跡1 本丸跡-1

 本丸跡2 本丸跡ー2

 本丸跡3 本丸跡ー3

 本丸跡4 本丸跡ー4

 本丸跡~三の丸跡 本丸跡~二の丸跡~三の丸跡

 市街地方向 市街地方向

 展望台から「上の駐車場」(市道脇の駐車場に対して)を少し下りると左手に溜水の池が遊歩道から見えます。よく見るとサンショウウオかイモリの卵塊が水の中にたくさん見えます。寒いのにもう産卵しています。春には孵化していることでしょう。

 池2 池(溜まり水)-1

 池2 池(溜まり水)-2

 アーチのところまで下りると、入れ替わりに男女2人が下の駐車場に車を止めて登っていきました。その時には天候が落ち着いて青空が見えていました。展望台からは、きっと視界が開けて能登半島まで見えることでしょう。

 カップル カップル